くすぐりたい!くすぐられたい男女の出会い|くすぐりプレイ好きと出会う方法

「くすぐられ好きに出会いたい…」「くすぐり好きにはどこで出会えるかな?」くすぐり好きやくすぐられ好きフェチの異性に出会いたいけど、一体どこで出会えるのか考えに及ばないですよね。

しかし、確実にくすぐりプレイ好きと出会う方法があります。
くすぐり好きと出会えるサイトはここ

無料で始められる優良なサイトを紹介してます。架空請求や個人情報が漏れる心配がないので軽い気持ちで始められます。

こちらのブログ記事では、くすぐりプレイ好きと出会えた!くすぐり・くすぐられフェチを分かり合えることができた!という体験談を10個ご紹介。ブログ記事の中では理想のくすぐりプレイができる相手に出会う方法も詳しく説明します。

くすぐりたい!くすぐられたい男女の出会い体験談

くすぐられたい!男友達にくすぐりマッサージされてビショビショになった話

大学の看護学部を卒業した後、都内の病院で看護師をしています。

彼氏がいますが男友達も結構多いため、ある日は大学時代の同級生の男の子を家に招いて泊めてあげることになりました。

ちなみに彼に伝えたら絶対に断られるから内緒で、です。

彼がきて、適当なピザや惣菜を食べてもらった後、談笑。部屋はそんなに大きくない1Kなので、話すときはベッドの上です。

男友達は長旅で疲れていたので肩を揉んであげることに。そしてそのお返しと言われて、彼からも腰や肩を揉んでもらうことになりました。

でも、その手つきがだいぶくすぐったくて…。敏感なところを指で押されてくすぐった気持ちい感じ。変な声も出ちゃっていたと思います。

腰の周りを入念に揉まれた後は、お尻の辺りも揉んでくれました。激しくされたので、濡れたアソコが擦れた際にクチュクチュとなる音が部屋に響き渡りました。絶対彼にも聞かれたと思いましたが、私はあまりの気持ち良さに感じることしかできませんでした。

くすぐりとマッサージと性的な部分を間接的に刺激されることで、これまでに感じたことがないような快感が走りました。

もちろん、そのまま男友達とセックスしてしまいましたね…。

彼に内緒で男友達を自宅に泊めて、一緒にお風呂に入り、翌朝まで4回以上セックスをしてしまいました。恋人関係じゃない人からのくすぐりはセックスにつながっちゃうんだと思いました。

その人とは2年くらいセックスフレンドとして付き合いが続きましたが、結局私は当時から付き合っていた彼と結婚しました。

くすぐりたい!くすぐられて興奮する彼女を昇天させて体験談

初めてくすぐられて興奮したのは22歳で彼氏にされた時でした。

私は極度のくすぐったがりで、脇腹をちょっと触られたり、肩に手を置かれただけで反応してしまうので、普段はあまり人に触られたくありません。

彼はそのことを知っていて、むやみに触る事をしないでいてくれたのですが、ある日彼のソファでまったりしてたときにいきなり首をくすぐられびっくりしてソファに倒れこんでしまい…。

そのまま彼は脇腹などもくすぐり始めて、私が笑いながら「やめて」と言ってもやめてくれず、くすぐられ続けているうちに次第に服を脱がされました。

その時点で興奮し始めてたのですが、彼に目隠しまでされて、その状態のまま脇腹をくすぐられたり、胸を絶妙なタッチで触られていくうちに普段ではありえないくらい声がでて、結局目隠しをしたまま最後までしてしまいました。

彼がSっ気があるのはなんとなく気付いてましたが、まさかこんなプレイをするとは…。その後も度々くすぐられてます。

くすぐられたい!全身をくすぐられてから挿れられたいくすぐりフェチの話

私が20歳の時に付き合った彼は同じ会社の同僚でした。

私の体をくすぐるのが好きみたいで、くっついてじゃれると必ずくすぐってからキスしてきたりあそこをいじってきたりします。

最初は相手の性癖がこういう物なんだなと思って接していましたが、段々快感を感じ始めてきて私の性癖にもなっていったなと思いました。

激しくくすぐる時はピストンの時にゆっくりでゆっくり長くくすぐる時は激しいピストンだなと思いました。

焦らされてから激しくされるのはとても気持ち良くてもうちょっと全身くすぐってから入れてほしいなという気持ちがあります。

彼が触りたがるのは脇とお腹のプニュプニュした所をそっとくすぐったりしてくれるのが私も好きです。

くすぐり出会い|首や脇腹を触られ敏感に感じる女性のセックス体験談

私よりひと回り歳上の彼氏は、少しSっ気があって私をよくいじめます。

私はくすぐったがりで、首や脇腹などは特にダメ。

少し指が触れると身体中ぞわぞわしてしまいます。

ある日、彼氏とベッドでゴロゴロしていると、不意に彼が私の首に指先を這わせてきました。

敏感な私はそれだけで大笑い。けれど、彼はそんな私を見てニヤニヤするだけで、首元を触るのを止めてくれませんでした。

そのうち、私はなんだかゾクゾクしてきて、気付くと彼の掌が私の身体をまさぐり始めていました。

乳首や敏感なところを触られながら、私の苦手な脇腹なども触られて、気持ちいいのとくすぐったいのとで、もうおかしくなりそうでした。

そしてそのまま、彼と最後までしてしまいました。あの感覚は言葉にできないような感覚で、今も時々彼に攻められています。

くすぐり女のエッチ体験談

私には、20歳の頃からお付き合いをしている男性がいます。

お付き合いをするということは、当然、体の関係を持つことはおかしいことではありません。

しかし、お互いに恥ずかしがりやな私たちの場合、初めてできたのは、それから3年が経った、23歳の頃でした。

ただし、無事に初めてことが終えられたのは良かったものの、いかんせん照れ屋同士のため、次をどうやって誘えば良いかがわかりません。

その日も一緒にベットに入ったまではよかったものの、なかなか一歩踏み出せずにいました。

すると、いきなり彼が私の身体をくすぐってきたのです。

びっくりはしたものの、お返しをしてあげようと思い、彼をくすぐりました。

そうして、お互いにくすぐりあっているとなぜだか緊張が解けて、それ以上に、素直に求め合いたくなってしまったのです。

その後は、無事に始められることができ、それからは、くすぐり合うことが私たちのとっての、始めの合図となりました。

くすぐりプレイ|首元、耳、お腹など敏感なところをくすぐられ興奮する変態女

私は、今21歳です。今現在の彼氏の恋愛体験なんですが、私は凄く敏感なので、すぐくすぐられるのが苦手です。

特に、首元、耳、お腹などが敏感です。

彼氏がある日、行為の最中に私の耳を触られたので、くすぐったいと言ったら、毎回の行為のときに触られてきます。

最近は耳だけではなく、耳、首元、お腹など私が1番敏感なところをわかるようになったのでくすぐられます。

でも、私はそれが嫌ではありません。むしろ、興奮して、くすぐられるのが好きになりました。

たまに、自分が変態なような気がします。

たまに私から、触ってと言うので、そうゆう部分は変態だと思います。

彼も、私が感じでいるのが好きみたいで興奮すると言われます。その言葉が好きで私も興奮します。

くすぐりフェチを熟知した男性先輩との公開くすぐり&ディープキス

看護師1年目として大学病院に入社した22才の頃。

働き始めてすぐ医師の先生たちと仲良くなりました。

当時の私は、年上の医師に強い憧れを持っており、とある30歳代後半の医師とよく飲みに行くようになりました。

ある日、その医師と先輩看護師と私でカラオケに行った時のことでした。

先輩看護師が歌っている時に隣にいた医師が、息を私の耳に吹きかけてきました。

体がビクッと反応して、体がとても熱くなるのが分かりました。

でも先輩もいるし、平然としていなければ、と思い我慢していました。

すると、脇をくすぐってきました。「くすぐったいからやめてくださいよ〜」と言いながらじゃれあっている時に、顔が近くなり私は「キスしたい」とふと思いました。

その瞬間、医師が抱きしめてディープキスをしてきました。人生で一番興奮した出来事です。

くすぐりサイトで出会った男性とのくすぐりプレイ

私がくすぐられて興奮した経験をしたのは、18歳の頃です。

その相手は、サイトで出会った付き合ってはいないけど親しい異性の方で2人でその方の部屋にいました。

いつものようにゲームなどして遊びながらふざけていたら急にこのやろーといって脇腹をくすぐられました。

彼に脇腹を触られたことなどなかったのでびっくりしました。

そのままずっとくすぐられながら抱きついた形になったり逃げようとして横に二人でなったりして、とてもドキドキしました。

くすぐられているうちになぜかすこし変な気持ちになってしまいました。

多分彼もそうだったのでしょうか。顔がニヤニヤしていて、赤く染まっていました。

体中いろんなところが敏感になっていたので急に手などをつかまれるとぞくっとして変な声がでてしまい、とても恥ずかしかったのを覚えています。

くすぐられることにいままではそんなに意識した事がなかったのですが、それ以来くすぐるというコミュニケーションがとても大好きです。

くすぐり出会い系|知り合った男性はどSのくすぐり好きだった体験談

私がくすぐられることに快感を覚えたのは20歳のときです。

当時、出会い系がきっかけで付き合っていた彼氏がくすぐるのが大好きという変わった趣味を持っており、会うたびに脇などをくすぐられていました。

あるとき、くすぐり方を変えてみようと猫じゃらしのような先がフワフワしたものでゆっくりとなでられるようにいろんな部位をくすぐられました。

はじめはただくすぐったいだけだったのですが、次第に胸など敏感な部分をなでられ気持ちよくなってきました。

声も出てくるようになり、そのまま彼にいじめ続けられながら快感を味わってしまいました。

彼に「変態だね」と耳元で囁かれさらに興奮してしまう始末…。

どうやら私も自分で気づかなかっただけで、相当な変態だったようです。

くすぐりたい!くすぐられたい!まとめ

くすぐりたい、くすぐられたい性癖を持つ男女のHな体験談を紹介しました。

体験談の中でも話に挙がったネットの出会いを利用すれば、今からでもくすぐりプレイ好きと出会うことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする